スポンサーリンク

H2とかいう野球漫画界の名作中の名作

スポンサーリンク
オススメ記事
1:@ニジオタライフ

熱い

7:@ニジオタライフ

J民てH2を木根のガッツポしか語れんよな

156:@ニジオタライフ

>>7
作中トップクラスの名シーンと見せ方やししゃーない
それ以外なら広田故障後の試合~「化け物め…」とひかりマッマ死亡後の号泣キャッチボールを見つめる英雄が好きやな

8:@ニジオタライフ

最後の明和戦微妙すぎ
そこだけタッチの須美工戦超えられてない

14:@ニジオタライフ

>>8
まあ3年夏の甲子園は全体的に微妙やな

10:@ニジオタライフ

あだち作品の中では比呂が1番ええわ
数字だけみたら今の方がすごいのかもしれんけど

17:@ニジオタライフ

あだち充作品で一番好き

21:@ニジオタライフ

2年の夏で力尽きた感
3年は比呂が無双しすぎて面白くない
面白かったの対広田と木根の完投位やろ

22:@ニジオタライフ

甲子園前に終わったクロスゲームは結果的によかったんやろか
甲子園までいくと総じて微妙やわ

31:@ニジオタライフ

>>22
スポーツ物の宿命やね
試合重ねるとどうしてもダレる

34:@ニジオタライフ

光好きすぎる

41:@ニジオタライフ

英雄だけ勝った方にひかりが行くと思ってるのがバカチンで好き

106:@ニジオタライフ

>>41
最後の試合は最初から野球で勝負しようと考えてた比呂と勝負の結果が恋愛に繋がると考えてた英雄との違いやな
だから高速スライダーが頭によぎった

42:@ニジオタライフ
木根のキャラズルいわ
ギャグもいけるし隠れて努力しとるしコマ余らすし
52:@ニジオタライフ

最後の終わり方ハンパじゃなかった

54:@ニジオタライフ

ひかりは最初から最後まで英雄が好きや言うてるやん
ヒロと英雄が勝手に盛ってただけで

62:@ニジオタライフ

>>54
なんなら英雄が一人で勝手に盛り上がってるだけやな

211:@ニジオタライフ

>>54
ひかりも比呂もお互い好きやったんやけどお互い距離が近すぎて気付くのが遅すぎたんやろ
せやけど英雄もおるから今さら自分の気持ちは表に出せやんしそれを感じてる英雄はそらいたたまれんわ

なお野田

71:@ニジオタライフ

>>54
言うてるだけで比呂に惹かれまくってたやん

90:@ニジオタライフ

>>71
雰囲気に流されてちょっとキスしたこと以外別に兄弟愛とかわらんわ

105:@ニジオタライフ

>>90
それは解釈違いやな
比呂を兄弟として見てたのは中学までや

58:@ニジオタライフ

あだち漫画のテンポの良さ見習った方がいい漫画多すぎやわ
特にダイヤ

69:@ニジオタライフ

>>58
真似しようとしても出来へんのやろな

431:@ニジオタライフ

>>58
テンポのよさと会話の軽妙さほんとすごい

61:@ニジオタライフ

あだち作品は試合描写めちゃくちゃ淡白なのにおさえるところはおさえてるから面白い

67:@ニジオタライフ

比呂は勝負すら出来なかった初恋にケリをつけたかっただけってのがわからん奴結構多いよな

96:@ニジオタライフ

>>67
せやせや
だから1打席勝負なんやし

72:@ニジオタライフ

ひかりのマッマが亡くなってひかりパッパが長生きする嫁さん見付けろよ言うてたけど
その後の古賀ちゃんに長生きしろよはもうプロポーズだよね

101:@ニジオタライフ

野球を使った青春漫画
人間ドラマメイン

102:@ニジオタライフ

待ちに待った明和第一戦が微妙なのがね
英雄はあれだけ持ち上げられてたんやからもうちょい活躍してくれんと

146:@ニジオタライフ

ヒロインなら青葉一強

148:@ニジオタライフ

>>146
ワイは水谷香月

157:@ニジオタライフ

あだち漫画中最強投手の比呂が恋では破れているのがいいな

159:@ニジオタライフ

木根の完投勝利が至高
それを電気屋のテレビで見せるのがすごいと思った(こなみ)

174:@ニジオタライフ

明和との練習試合何度見ても面白い

192:@ニジオタライフ

野田の気楽にやろうぜ
たかがボールゲームだってセリフ好き

203:@ニジオタライフ

広田はもっと早くからあの監督に会ってたらとんでもないバケモンになってたんかな

216:@ニジオタライフ

>>203
正直打者に専念したら英雄より上になりそうなんだよな

255:@ニジオタライフ

>>216
打者広田のロマン半端ないよな

227:@ニジオタライフ

あだち充は野球メインの人間ドラマなところあるから

236:@ニジオタライフ

H2ラブコメ的な意味でも好き
ヒロがフラれて終わるの死ぬほど切ないんじゃ……

238:@ニジオタライフ

でもヒロは古賀春華と付き合って正解だよな
あーいう距離感の女とは長く生きていける

247:@ニジオタライフ

H2で1番面白い試合が2年秋の栄京戦なのがなぁ

比呂と張り合える選手が広田と英雄しかいないのに英雄があの調子だから仕方ないんやが

251:@ニジオタライフ

高校野球を毛嫌いしてた柳オヤジが校長室でクラッカー鳴らしてんの好き。

298:@ニジオタライフ

>>251
毛嫌いにならざるを得なかっただけで本当はメッチャ野球好きだったはず

335:@ニジオタライフ

>>251
無表情パッパ(パン)

すこ

266:@ニジオタライフ

佐川のヤンキー設定完全に消えたよな
もう少し深堀りできたと思うけど

294:@ニジオタライフ

>>266
佐川のピーク自体が文化祭での比呂との勝負やししゃーない

272:@ニジオタライフ

アニメが成功してりゃタッチ超えたのにな

285:@ニジオタライフ

広田周りのところが一番好きかもしれない
「ファーストで4番だ、それとも監督の暴力事件で出場停止か、好きな方を選べ」
とかめちゃくちゃかっこいい

304:@ニジオタライフ
最終戦の比呂がどの道フラれるの分かってるのに頑張るところ本当悲しい
313:@ニジオタライフ

打撃に専念した広田すこ

507:@ニジオタライフ

>>313
比呂が作中でホームラン打たれたのって広田と選抜のモブのまぐれ当たりだけやしな

328:@ニジオタライフ

校長に父さんと同じくらいやきうが好きなんやって言うシーンすこ

350:@ニジオタライフ

ワイ、古賀ちゃんがすこすぎて泣く

366:@ニジオタライフ

結局ヒロは古賀ちゃんのことどう思ってたんや
英雄との準決勝直接対決に勝とうがひかりをもらう気は無かったっぽいが本気で好きではあったんよな

394:@ニジオタライフ

>>366
長生きする嫁さん貰え→長生きしろよ古賀
でほぼ確定ちゃうかな

384:@ニジオタライフ

思春期がズレてただけでみんな幸せになるという好采配

398:@ニジオタライフ
何度読み直しても光の母親が亡くなるところ
ヒロが落書きのところで泣いてるところ
光が泣きながらキャッチボールしてるところここの流れ涙腺止まらんわ
464:@ニジオタライフ

>>398
ワイもここやあかん

405:@ニジオタライフ

留美子もそうやけど長くやれる漫画家って表現上手いよな

411:@ニジオタライフ

木根の完投ほんますこ

432:@ニジオタライフ

毎年夏になると読み返してるわ

441:@ニジオタライフ

今でも読み返すわH2

465:@ニジオタライフ

野田がいい味出しすぎやわ
空気読めるし距離感が絶妙

488:@ニジオタライフ

おばさん亡くなったときの階段の落書きのエピソード好き

541:@ニジオタライフ

>>488
ヒロが生まれてからは男の子欲しがらなくなったのくだりとか泣けるわ
英雄とヒロどっちの方応援してたんやろな
やっぱりヒロなんかな

554:@ニジオタライフ

>>541
まぁヒロよ流石に

581:@ニジオタライフ

>>541
どっちにも同じ事言うてるってくだりあるから決められないやろな

601:@ニジオタライフ

>>541
まあ息子みたいなもんやし内心は比呂とひかりにくっついて欲しかったんやろな

539:@ニジオタライフ

国見とか150後半のストレートに140超えのスライダーとフォークとコントロールとスタミナとメンタルくらいしか長所ないやん

558:@ニジオタライフ

>>539
贔屓球団にくれや

633:@ニジオタライフ

比呂とひかりの空き地のキャッチボールは泣ける

651:@ニジオタライフ

コメント

  1. 野田が居たからヒロが生まれた。っての好き。
    あと俺負けたのか、ヒカリの誕生日なのにってとこも好き

  2. 防波堤でひかりに思春期が1年半ずれてただけだって告白するところ

  3. 比呂がノーノーやった時、見に来てた広田が握りつぶす缶コーヒーに書かれてた文字「そんなに甘くない」

  4. 砂漠の野球部には勝てない。いろいろすげぇ。

タイトルとURLをコピーしました